奈良県大和郡山市・医療法人青心会 郡山青藍病院 外来診療内容や健診・心臓ドック・脳ドック・ヘルニアレーザー治療、入院のご案内、介護老人保健施設ピュアネス藍のご紹介

 
※込み合っており、現在受付できません。
 当院の脳ドックについて
 厚生労働省が公表している資料によると、日本人の死亡原因の3位は脳血管疾患で、特に55歳~88歳の年齢の方が脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などの脳血管疾患により死亡しているというデータを公表しています。※1
 当院では、未発症の脳血管疾患およびその危険因子の早期発見・早期治療を目的とした脳ドックをおすすめしています。
  ※1 参照:厚生労働省「平成23年 人口動態総計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)」より 
 
 こわい脳卒中
 脳血管疾患は脳動脈の異常が原因でおこる病気で、いろいろな種類がありますが、最も知られているのが脳卒中になります。
脳卒中は、脳の血管が詰まったり破れたりすることが原因で起こる病気です。
この病気は、急に倒れて意識を失ったり、半身まひが起きたり、ろれつが回らなくなったりする発作が起きます。そして発作後には寝たきりになることもあり、そうなると使わない筋肉がこわばり動かなくなるという合併症も出ます。
 そのような大きな発作がおこる前に、脳を詳しく検査することによって脳卒中の前触れを早期に発見することで重い障害を未然に防ぐことができます。
 
 脳卒中の種類
  脳卒中のなかでも多くみられるのが以下の脳梗塞、脳出血、くも膜下出血です。
 
       脳梗塞
       脳出血
 
        くも膜下出血
 
 こんな人におすすめ
  次のいずれかに該当する方は脳ドックの受診をおすすめします。
  ・頭痛  ・頭重感  ・のぼせ  ・物が二重に見える
  ・手足のふるえ  ・しゃべりにくい  ・痺れなど
 
 MRI・MRA検査について
 MRI・MRA検査は、脳の状態を詳しく調べることができ、脳梗塞・脳出血・無症候性脳梗塞・脳腫瘍・脳萎縮などがわかります。
 
【MRI・MRA画像(例)】
 MRI・MRA検査について
 MRI・MRA検査の注意事項
 ●ペースメーカー装着者や動脈瘤クリッピング術後の方は、検査できません。
 ●妊娠初期の方は、原則として検査はできません。
 ●手術などにより体内に磁性体を埋め込んでいる場合は、検査できない場合がありますので、事前にご相談下さい。
 ●磁気カード(キャッシュカード・定期券等)、時計、金属類は、MRI検査室に持ち込めません。
 
 検査項目・検査内容
 @ 血圧測定  高血圧などの異常がないか調べます
 A 採血  脳卒中の危険因子となる高血圧や糖尿病などの病気を調べます
 B 頭部MRI・MRA検査  磁石を用いた装置で脳の輪切りの画像を撮り脳腫瘍・脳梗塞などを早い段階で発見できます
 C 診察  頭部MRI・MRA検査の結果を説明します
 検査は@〜Dの順で行います。
 脳ドック検査の流れ
 
 検査結果について
 検査の結果は、「検査結果報告書」を作成し約2週間後に本人様へご郵送いたします。
 【検査結果報告書1】(例)
 脳ドック検査報告書01
 【検査結果報告書2】(例)
 脳ドック検査報告書02
 
 検査日
 検査日:水・金(祝祭日除く)
 検査時間:約2時間
   ※完全予約制
   ※検査当日は検査内容や緊急時の対応により、検査順が変更又は時間が延長する場合が
    ありますのであらかじめご了承ください。
   ※心臓ドックと脳ドックは同じ日に受診することはできません
    両ドックとも希望される場合はそれぞれ別の受診日になります。
 
 検査料金
 12,420円(税込) ※平成26年4月1日より消費税の改定に伴い料金を変更しました。
   ※健康保険は適用されないため、全額自費診療になります。
   ※お住まいの各市町村によっては助成金制度をご利用できます。
    詳細は各市町村にお問合せください。
   ※お支払いにクレジットカードをご利用いただけます。
 お問合せ・ご予約
 ※込み合っており、現在受付できません。
 TEL:(0743)56-4449  E-mail:infohp@seiran.or.jp
 (予約受付時間:月〜金曜日 9:00〜17:00 土曜日曜祝日は除く)
   完全予約制となります。
   上記の電話番号またはメールにて、お問合せ又はご予約の旨を具体的にお伝えください。
   また、ご都合が悪くなられた場合は予約日時の変更もできますので、お電話にてお問合せください。
 
PLDDとは
ドック
予防外来
部門紹介
看護部サイト
看護部ブログ
院内保育所
採用情報
  トップページプライバシーポリシーリンク集