脊椎固定術とは?
トップページ > 脊椎固定術とは?

脊椎固定術

このページでは、腰痛治療のひとつである「脊椎固定術治療」について、その治療法の内容と特徴、治療の流れについて知ることができます。

脊椎固定術治療とは?

脊椎固定術治療とは、問題のある脊椎の部分を固定することで安定をはかる手術です。大きく分けて、次の二つがあります。

後側方固定術(PLF)

全身麻酔の手術。患者様の患部、腰の後方を縦に切開。靭帯・骨を切除し、神経への圧迫を解放します。腰椎の後方からスクリューを入れて離れている椎骨を元の位置に戻すように固定します。時間の経過にてスクリューが緩むのを防ぐ為、自家骨と腰椎の側方にて骨を移植します。
手術時間は症例によりますが、約2時間~3時間。入院期間は経過がよければ2~3週間程となります。

後方侵入椎体間固定術(PLIF)

全身麻酔の手術。患者様の患部・腰の後方を縦に切開。靭帯・骨を切除し、神経の圧迫を解放します。腰椎の後方から変性した椎間板を取り除き、取り除くことでできた椎体の間に自家骨や人工骨のスペーサーを入れて固定する。安定をはかる為、スクリューを用いた後方固定術を併用することもある。

脊椎固定術の特徴

  • ・適応疾患に最も効果が望める治療
  • ・様々な疾患に対応
  • 健康保険適用可能

脊椎固定術治療の流れ

脊椎固定術治療の流れについて説明いたします。

スケジュールの詳細

脊椎固定術or椎弓形成術

入院期間 約1ヶ月

①腰痛外来・予約受診

CTもしくは X-P(レントゲン)撮影

②手術数日前

入院時、ミエログラフィー(脊髄腔造影)検査→結果説明
数日間、ベッドで安静

③手術

術後1週間でリハビリ開始
術後CT、X-P(レントゲン)などで状態の確認

④退院

退院後、1週間~2週間前後で外来受診となる。

※入院期間は、患者様の病状・個人差により、異なります

お問い合せ下さい

電話とメール、直接のご来院による受付を行っております。
お問合せ順に、受診の予約日の設定を行わせていただきます。メールの方は、こちらから折り返しお電話かメールで連絡させていただきます。
【お電話受付時間】月~金曜日/9:00~17:00、土曜日/9:00~13:00、日曜日・祝日/休み

  • 0743-56-4449
  • メールでのお問い合わせ
  • 必ずご予約のお電話を先にお願いいたします。
    ご予約無しで来られた場合、次回の診察及び検査ご予約しかできません。
    恐れ入りますが宜しくお願い致します。

よくある腰痛の症状

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 坐骨神経痛
  • 脚のしびれ
  • 慢性の腰痛

治療法の詳細

  • ハイブリッドレーザー治療
  • PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • PODD法(経皮的オゾン椎間板滅圧術)
  • MED法(内視鏡下椎間板摘出術)
  • MD法(顕微鏡下椎間板摘出術)
  • SCS法(脊髄刺激療法)
  • 脊椎固定術
  • その他痛み止め・神経ブロック・リハビリ治療
pagetop