病院のご紹介

急性期医療を中心に、24時間体制で地域の皆様に貢献します。

理事長ご挨拶

理事長

 当院は昭和59年3月に『奈良県の救急患者は奈良県で受け入れる!』を合言葉に開院し、救急指定病院として約30年経過しました。

地域の皆様と共に歩み支えられ、平成18年11月に一般病棟100床、医療療養病棟40床の病院として“新生”郡山青藍病院がオープンし、平成26年3月1日には創立30周年を迎えました。

 当院はこれまで築いてきた年間約2,000件の救急搬送受入実績を生かし各消防機関からの要請に応えつつ新たに医療療養棟を設置、患者様の病態の多様化に呼応した病棟体制を構築しました。今後とも地域に根付いた病院として、患者様から信頼され、選ばれる病院となりますよう職員一同全力を尽くす所存であります。

郡山青藍病院
理事長 野中家久

病院概要・沿革

名称・所在地 医療法人青心会 郡山青藍病院
〒639-1136 奈良県大和郡山市本庄町1-1
TEL:0743-56-8000 FAX:0743-59-0022
理事長 野中 家久
診療科目 内科・循環器内科・消化器内科・外科・脳神経外科・整形外科・消化器外科・肛門外科・呼吸器内科・神経内科・皮膚科・泌尿器科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科
【その他】
脳ドック・腰痛外来(腰椎間板ヘルニアレーザー治療)
病床数・病棟別 一般病床60床・地域包括ケア病床40床・医療療養病床40床・回復室8床
施設基準
(平成30年5月現在)
◆基本診療科
  • 急性期一般入院化4
  • 25対1急性期看護補助体制加算
    (看護補助者5割以上)
  • 夜間50対1急性期看護補助体制加算
  • 地域包括ケア病棟入院料2
  • 療養病棟入院料1
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 診療録管理体制加算2
  • データ提出加算2
  • 後発医薬品使用体制加算3
  • 医師事務作業補助体制加算2
    (30:1補助体制加算)
  • 夜間看護体制加算
    (急性期看護補助体制加算)
  • 精神疾患診療体制加算
◆特別診療科
  • 薬剤管理指導料
  • 検体検査管理加算Ⅰ・Ⅱ
  • 麻酔管理料Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 救急搬送看護体制加算
  • CT撮影(マルチスライスCT64列)及びMRI撮影(1.5テスラ)
  • 医療機器安全管理料1
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5 及び6に掲げる手術
  • 透析液水質確保加算
  • 人工腎臓1
  • 胃瘻造設術
  • ペースメーカー移植術 及びペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 導入期加算1
  • 慢性維持透析濾過加算
  • 胃瘻造設術
    医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
◆入院時食事療養
  • 入院時食事療養Ⅰ
  • 入院時生活療養Ⅰ
指定医療内容 救急指定病院
生活保護法による医療扶助のための医療
労災保険指定医療・原爆被爆者医療・結核予防法指定医療 ・自立支援指定医療
主要設備 手術室2室、血管造影装置、マイクロ顕微鏡、MRI装置(1.5テスラ)、マルチスライスCT (64列)、内視鏡、大腸ファイバースコープ、超音波診断装置
関連施設等 介護老人保健施設「ピュアネス藍」・居宅介護支援事業所「ピュアネス藍」・介護付有料老人ホーム「青藍の郷」・訪問リハビリテーション・院内託児所
施設概要 敷地面積:6,111.9㎡、延床面積:6,731.7㎡
沿革
  • 昭和59年3月 郡山青藍病院開設 病床数119床(一般病床:119床)
  • 昭和62年3月 リハビリ棟増築
  • 平成元年2月 病院シンボルマーク誕生
  • 平成元年3月 医療法人青心会設立(野中院長、理事長に就任)
  • 平成2年2月 有限会社青藍メディカルサービス設立
  • 平成7年5月 腰椎椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)開始
  • 平成9年11月 介護老人保健施設ピュアネス藍開設
  • 平成11年8月 居宅介護支援事業所開設
  • 平成18年11月 新病院建築工事完了
    病床数変更許可21床増床、医療療養病棟の新設
    病床数140床(一般病床:100床、医療療養病床:40床)
  • 平成28年12月 介護付有料老人ホーム「青藍の郷」開設
    定員:48名 室数:46室
  • 平成29年4月 脳卒中センター開設
  • 平成29年7月 脳疾患のセカンドオピニオン外来開設
  • 平成29年8月 地域包括ケア病棟開設 病床数40床

病院基本理念

病むは人なり 医も又人なり 人と人なり

医療も介護も受けるのは人である。その人は、体も心も病み、信頼する医療と優しい介護を欲しておられる人である。

医療と介護を供するのも人である。切磋琢磨した技術とひたすら仁に基づく心で奉仕する人である。

この受ける人と供する人との信頼と尊敬の中から、医療と介護は成り立っている。

人間愛をもとに地域の医療と介護に等しく奉仕することを誓います。

病院基本方針

  • 地域に密着した急性期病院として質の高い医療を提供します。
  • 患者様に信頼され選ばれる病院となるよう努めます。
  • 技術の高い人間性豊かな人材を育成します。
  • 従業員が働きやすい職場環境の推進に努めます。
  • 介護老人保健施設『ピュアネス藍』と協力し早期家庭復帰の推進に努めます。

患者様の権利

  • 病状、診断、治療法について分かりやすい言葉で十分な説明を受けた後、治療法を選択できる権利があります(インフォームド・コンセント) 。
  • 他の医療機関に意見を聞く権利があります(セカンドオピニオン)。
  • 差別無く、公平に治療を受ける権利があります。
  • プライバシーが配慮され、個人情報が保護される権利があります。
  • 診療内容について開示を求める権利があります。
腰痛サイトロゴ アクセス 送迎バスについて お見舞いのご案内 お見舞いメール 未破裂脳動脈瘤治療 PLDDとは? 心臓ドック・脳ドック 予防外来部門 部門紹介 看護部サイト 看護部ブログ 院内保育所 採用情報 ピュアネス藍 青藍の郷 経鼻内視鏡検査

サイト案内