令和6年診療報酬改定における施設基準について

当院におきましては、令和6年6月の診療報酬改定に伴う各種施設基準に関しまして、以下の通り
対応を行っておりますのでお知らせいたします。

「医療DX推進体制整備加算」に係る掲示

  ①オンラインでのレセプト請求手続きを行っています。
  ②オンライン資格確認システムを導入しています。
  ③オンライン資格確認システム等電子的な資格確認を通じて得た診療情報を、診察室にて閲覧
   および活用できる体制を現在構築中です。
  ④マイナンバーカードの健康保険証利用の促進について、院内でのポスター掲示および患者さま
   へのお声がけを行っております。
  ⑤電子処方箋の発行、電子カルテ情報共有サービスの活用に関しましては、今後導入の予定を
   しております。
  ⑥当院では、医療DX推進体制の早期構築と、それにより取得する診療情報を十分に活用し、
   質の高い診療を提供できるよう取り組んでまいります。

「医療情報取得加算」に係る掲示

  当院はマイナンバーカードによる保険証(マイナ保険証)の利用や問診票などを通じて患者さま
  の診療情報を取得・活用し、質の高い医療の提供に努めている医療機関です。
  令和6年6月1日より、国が定めた診療報酬算定要件に従い、下記の通り医療情報取得加算を
  算定いたします。
   ◇マイナ保険証を利用される場合
     初診時: 1点
     再診時: 1点 ※3ヶ月に1回
   ◇マイナ保険証を利用されない場合
     初診時: 3点
     再診時: 2点 ※3ヶ月に1回
  正確な情報を取得・活用するために、マイナ保険証の利用促進にご協力をお願いいたします。

「後発医薬品使用体制加算」に係る掲示

  当院における後発医薬品(ジェネリック医薬品)の取り扱いにつきまして、下記の通り記載いた
  します。
   ①ジェネリック医薬品の推奨:
    ・ジェネリック医薬品とは、先に開発された薬(先発医薬品)の特許がきれた後に、同じ
     有効成分・同じ効果で国が承認した医薬品です。
    ・開発費がかからない分先発医薬品と比べ低価格となり、医療費の低減に寄与するもの
     です。
    ・当院はこのジェネリック医薬品を積極的に採用しております。
   ②医薬品供給が不安定な状況による対応:
    ・当院では医薬品の供給が不足した場合、製薬会社・規格などの変更を行い対応いたします。
     必要に応じた同効果の検討と治療計画の見直しを行い、適切に治療が継続できる体制を
     整えております(医薬品業務手順書・後発医薬品採用に関する基準に則する)。
    ・医薬品の供給状況によって患者さまへ処方・投与するお薬が変更となる場合がありますが、
     その際は患者さまへご説明させていただきます。

「入院時食事療養費」に係る掲示(健康保険法施行令)

  健康保険法施行令の改正により、令和6年6月1日から入院時の食費(入院時食事療養費)の
  患者さま負担が変更となります。
    食事療養費.jpg
    ※指定難病または小児慢性特定疾患の方は、260円から280円へ変更となります。
    ※オンライン資格確認で減額算定区分が確認できない場合、保険者が発行する「限度額
     適応・標準負担額認定証」などの提示が必要となります。
    ※患者さまの病状などにより、医師の発行する食事箋に基づき特別食が提供される場合
     がありますが、負担額は変わりません。
 

  当院では、今般の診療報酬改定の内容について、院内の見やすい場所およびホームページに
  掲示しております。


                                  令和6年6月1日
                                 郡山青藍病院 病院長


郡山青藍病院スタッフブログ
所在地
  • 〒639-1136
  • 奈良県大和郡山市本庄町1-1
  • 0743-56-8000(代表)
  • FAX 0743-59-0022
アクセス
  • 1. JR大和路線郡山駅下車
    駅前からバス・タクシーで約5分
    駅前から徒歩で約20分
  • 2. 近鉄橿原線郡山駅下車
    駅前からタクシーで約5分
    駅前から徒歩で約20分
  • アクセス方法
  • 送迎バスのご案内
診察時間 面会時間