青藍病院の腰痛治療
トップページ > 郡山青藍病院の腰痛治療

郡山青藍病院の腰痛治療

当院で行われている腰痛治療について、特徴と強みをお伝えします。

腰痛専門外来について

当院では、腰痛専門外来を設けており、腰痛治療の専門チームが患者様をサポートします。

はじめに来院していただいた患者様に、腰痛治療専門チームの医師が初期対応をいたします。そこで、患者様の症状・既往歴・画像診断を総合的に判断し、治療法を決定します。

比較的軽度な場合は、その場で初期対応の医師が診断と治療を行います。中程度以上の症状で、手術等が必要であると判断された場合、当院内のより専門的な医師に引継ぎ、より高度で的確な治療を提案させて頂きます。

当院では、リハビリや薬剤についても医学的な専門知識をもったスタッフがバックアップしておりますので、どうぞ安心してご来院下さい。

当院へのお問合せ、ご来院の場合は、「腰痛専門外来」を受診したい旨を話していただければ、スタッフが対応いたします。

腰痛専門外来イメージ

郡山青藍病院の腰痛治療について

腰痛の原因疾患は多種にわたるため、疾患の適切な診断と治療を行わなければ、良くなるどころか、悪化する危険性があります。

例えば腰痛クリニックを受診され、本来の診断は脊髄嚢胞(脊髄の良性腫瘍)であるにも関わらず、内服とリハビリを延々と繰り返した挙げ句に改善しないどころか、悪化したという事例もあります。脊髄嚢胞であれば、MED法療法が第一選択となります。

腰痛専門病院では、まず精密な検査を行い、原因疾患を特定します。その後、疾患別の専門担当医が治療にあたります。その為無駄な治療を行わず、疾患に精通した医師が治療を行う事が出来ます。

特に手術療法での合併症率は、医師の技量により大きく左右されます。そこで、専門担当医が治療に当たる事によって、合併症(神経麻痺等)の可能性を最小限にする事が可能となります。

最先端治療法の導入

アメリカ・ロサンゼルスにて

最先端・脊髄電気刺激療法(Spinal cord stimulation: SCS)の導入

*ロサンゼルスにあるトップ・メディカルセンターにてSCSの研修を受ける当院の野中康行医師
*最新のSCS教育課程研修修了証書

SCSとは、神経系を電気的に刺激する療法で、代表的な対象疾患として、脊椎手術後の難治性疼痛や痺れ、腰部脊柱管狭窄症、CRPS(複合性疼痛症候群)、帯状疱疹後神経痛等があります。方法は、局部麻酔にて、試験的(トライアル)に電気刺激を与えて効果を検討し、望ましい効果が出ましたら、本植え込みとなります。

SCSの特徴は、合併症のリスクが極めて少ない事、トライアルにて効果を実感して頂いた上で、ご自身が治療を行うか決断できる事です。

また他の腰痛手術・保存法・薬物療法・神経ブロックなどでは症状が改善しなかった患者様に、費用・効果・長期的な有効率の点で優れ、痛みを緩和できることでも注目されています。

有効症例では、職場・社会の復帰や鎮痛薬使用量の減少、機能的改善が見られています。1982年、植え込み型の刺激装置の輸入が許可され、1992年に保険医療の適応となったことで、その症例の数は増加の一途をたどっています。

*アメリカで著名なペインスペシャル・センターにて、SCS療法の世界的最高権威であるフレイ医師と野中医師

SCS療法は、日本において年間約500症例あり、その中で当院では年間約50症例を、第一線の立場にある医師、野中康行医師が担当しています。SCS療法の研究開発は世界的にアメリカがトップレベルで、症例も一番多く実施され、その数は年間5万症例と云われています。

2015年11月、アメリカのトップレベルの病院ペインスペシャル・センターなどで行われた医師と研究者のSCS症例研修に、この度、当院の野中医師が日本人医師の代表として招待され参加し、最新SCSの詳細の指導を受け教育課程研修を修了しました。

当院では、積極的に世界規模で最新の治療技術を取り入れ、より良い効果、満足できる治療を追求、実践し、患者様に科学的にベストな治療を提供することに根指しています。ひいては、様々な腰痛に悩んでおられる患者様が、一人でも多く悩みから解放されるならば望外の喜びです。

イタリアにて

当院では、積極的に海外の治療技術も取り入れています。日本国内ではまだ行われていない効果的な治療法が海外では行われています。我々は患者さまの立場にたった治療を提供するために、常に世界に目を向け、情報収集と研究・実践を行っています。

世界的権威の教授をたずね、日本の医療機関として初めてオゾン療法の詳細な指導を受けました。その指導をもとにPLDD(レーザー手術)とオゾン治療法の2つのすぐれた効果を融合した最新の「ハイブリッドレーザー手術」を施術できる事となり、この治療法を日本で行っているのは当院のみとなります。

腰痛のオゾン療法に関する研究の多くがイタリアで実施されており、同国では過去5年間で1万4000人がこの治療を受けています。当院では、坐骨神経痛、腰椎・頸椎椎間板ヘルニア、その他の腰痛に対するオゾン療法での世界的権威であるイタリアのベラーリア病院レオナルディ教授(現 ボローニャ大学 神経内科教授)に、日本の医療機関としては初めてオゾン療法の詳細な指導を受けました。

※ベラーリア病院:特に椎間板ヘルニアのオゾン治療における症例数は世界的にみてもトップレベルの病院です。

オゾン療法とは、オゾンと酸素の混合ガスを患部に注入することにより、オゾン酸化により椎間板の髄核の容量が減り、神経への圧迫を減少させる治療法です。また、オゾンには抗炎症効果があり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などにより神経が炎症を起こしている場合にも炎症を鎮める効果があることが証明されています。原因療法と対症療法に効果があります。

院長からのご挨拶

腰痛には様々な症状があります。症状として特に多いのは椎間板ヘルニアです。従来の椎間板ヘルニア手術は、全身麻酔による外科的手術で約1ヶ月近くの入院が必要でした。しかしレーザー治療なら、わずか1日で手術・退院することが出来ます。自営業や忙しいお仕事をされている方など、なかなか長期間休めないという方には大きなメリットでしょう。

また局所麻酔・短時間でのレーザー治療は、身体への負担も小さいと言えます。当院では椎間板ヘルニアのレーザー治療を平成7年5月から実施しており、たくさんの患者さんから喜びの声も頂いております。

レーザー治療は確かに優れた治療法ですが、椎間板ヘルニアの患者様すべてに有効という訳ではなく、改善されない方もおられます。椎間板ヘルニアのレーザー治療をご希望の場合は、しっかりと検査と説明を受けた上で医師とご相談ください。

当院では、MRI等の検査を行い腰痛の原因を特定し、その症状に合わせた治療を行っております。患者さまにとってレーザー治療が適応でないと判断された場合でも、それに代わる有効な治療法を提案させていただきます。

腰痛でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談下さい。

名前 野中 家久(のなか いえひさ)
出身大学 徳島大学医学科卒(昭和42年)
大阪大学院医学研究科博士課程
資格 医学博士 外科専門医 日本医師会スポーツ認定医
日本医師会認定産業医 麻酔科標榜医
日本臨床抗老化医学会認定医 
ニュートリションサプリメントアドバイザー認定医
所属学会 日本外科学会 日本臨床外科学会 日本救急医学会
日本臨床救急医学会 日本乳癌学会 日本癌学会
日本臨床抗老化医学会 日本骨折治療学会
日本外科感染症学会
当院勤続年数 30年

腰痛相談医ご紹介

PLDD法は、全身麻酔による手術を避けたい方、入院すると仕事に支障のきたす方にはとても大きなメリットのある 治療法です。
治療の流れをご説明しますと、まずは身体診察を行います。身体診察で疑わしい箇所がある場合は、MRI検査などの画像診断を行い、そして総合的な診断をしてから治療の方へ進んでいくことになります。腰痛でお困りの方、一度ご相談ください、症状に合わせた最適な治療をご提案させて頂きます。

名前 野中 康行(のなか やすゆき)
出身大学 川崎医科大学卒(平成14年)
資格 内科認定医
麻酔科標榜医
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本麻酔科学会
不整脈学会
モットー 人生は一度きり
患者様に一言 元気に明るい人生が送れるように、最善を尽くします
得意分野

椎間板変性、ヘルニア、腰痛症
脊椎分離症/すべり症、脊柱管狭窄(腰部)
脊椎圧迫骨折、座骨神経痛、脊柱管狭窄(頸部)
心臓疾患
内科疾患全般

麻酔・疼痛管理

お問い合せ下さい

電話とメール、直接のご来院による受付を行っております。
お問合せ順に、受診の予約日の設定を行わせていただきます。メールの方は、こちらから折り返しお電話かメールで連絡させていただきます。
【お電話受付時間】月~金曜日/9:00~17:00、土曜日/9:00~13:00、日曜日・祝日/休み

  • 0743-56-4449
  • メールでのお問い合わせ
  • 必ずご予約のお電話を先にお願いいたします。
    ご予約無しで来られた場合、次回の診察及び検査ご予約しかできません。
    恐れ入りますが宜しくお願い致します。

よくある腰痛の症状

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 坐骨神経痛
  • 脚のしびれ
  • 慢性の腰痛

治療法の詳細

  • ハイブリッドレーザー治療
  • PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • PODD法(経皮的オゾン椎間板滅圧術)
  • MED法(内視鏡下椎間板摘出術)
  • MD法(顕微鏡下椎間板摘出術)
  • SCS法(脊髄刺激療法)
  • 脊椎固定術
  • その他痛み止め・神経ブロック・リハビリ治療
pagetop